So-net無料ブログ作成

男性の育児休業、収入8割保障でも増加しない現実 [パパ育児]

男性の育児休業取得者が、2015年度、2.65%となったそうだ。
昨年が2.30%。

確かに微増したといえる。

だけど、この数字はあまりに低すぎる。
100人いて、2人が3人…にも満たない増加。

平成26年度(平成26年4月)以降の休業については、
休業給付が、180日間に限り休業前の賃金の67%へと
引き上げられた。

アンテナ高くしていた方が2014年度に取得していたとして、
2015年度は、一般にも浸透していそうだが、実際には
そうはなっていないようだ。

政府や省庁では、給付率を上げれば「自然増が見込める」と
踏んでいたようだが、実際には確かにそんなに甘くない。

男性が育児をする事や、どんな人たちも、
自分らしく生きることに職場の理解が
追いつかなければ、この数字は上がらない。

パパクォータ制等の議論を進めたいと思う。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。